筑波大学 体育専門学群 教員紹介

木内 敦詞

所属:筑波大学 体育系 教授
担当:体育センター
体育専門学群
体育学専攻(MC)
コーチング学専攻(DC)
大学体育スポーツ高度化共同専攻(DC)
学位:博士(教育学)
専門分野:健康教育学,スポーツ教育学,高等教育学
研究室:体育科学系棟B313
Office hour:木曜日13:10~15:10
研究室のウェブサイト:http://kododaigaku.taiiku.tsukuba.ac.jp
E-mailアドレス:kiuchi.atsushi.fw◎u.tsukuba.ac.jp
 ※メール送信の際にはアドレスの◎を@に置き換えて下さい。

KIUCHI Atsushi

木内 敦詞
 
【主な研究テーマ】
大学体育教員の力量形成,部活動を通じた学生のキャリア成熟
【研究キーワード】
大学生、教養体育,運動部活動,ライフスキル,心理的パフォーマンス
【研究業績】
1) 運動生理学20講(第3版)(分担),朝倉書店, 2015
2) 健康と運動の心理学(分担),朝倉書店,2012
3) 学生アスリートのライフスキルと学業・学習支援. 大学教育学会誌, 34(2): 77-81, 2012
4) 行動科学に基づく体育プログラムが大学新入生の身体活動関連変数に及ぼす効果: Project FYPE.体育学研究, 54: 145-159, 2009
5) 行動科学に基づく体育プログラムが大学新入生の健康度・生活習慣に及ぼす効果: Project FYPE. 体育学研究, 53: 329-341, 2008
6) 走塁セルフ・エフィカシー尺度の開発およびその有効性の検討.体育学研究, 51: 677-688, 2006
【課外活動指導実績】
硬式野球部部長
【社会貢献実績】
全国大学体育連合常務理事,「大学体育学」編集委員長,「大学教育学会誌」編集委員,日本体力医学会評議員,首都大学野球連盟理事・評議員・医科学委員
【その他】
大学生の心身の健康と社会性や主体性の向上を目的に、そのような効果の高い体育授業プログラムや運動部活動システムの構築をめざしています。2016年度より、筑波大学・鹿屋体育大学による共同専攻の3年制博士課程「大学体育スポーツ高度化共同専攻」を主に担当しています。この博士課程は、「教育指導力と実践的研究力を高度に備えた大学体育教員の養成」を目的としたものです。現職の大学体育教員の方や将来の大学体育教員をめざす修士号取得者とともに、大学体育スポーツの現場の課題解決に寄与する研究を進めています。奈良県出身です。
 
Copyright © 筑波大学 体育系 All Rights Reserved.  305-8574 つくば市天王台1-1-1 筑波大学    029-853-2111(大代表)