筑波大学 体育専門学群 教員紹介

坂本 拓弥

所属:筑波大学 体育系 助教
担当:体育専門学群
体育学専攻(MC)
学位:博士(教育学)
専門分野:体育・スポーツ哲学
研究室:体育科学系棟B613
Office hour:月曜日17:00-18:00
研究室のウェブサイト:https://www.utphilpes.com/
研究室のウェブサイト:http://www.facebook.com/philosophyofsportPE
E-mailアドレス:sakamoto.takuya.ga◎u.tsukuba.ac.jp
 ※メール送信の際にはアドレスの◎を@に置き換えて下さい。

SAKAMOTO Takuya

坂本 拓弥
 
【主な研究テーマ】
○スポーツ・インテグリティにかかわる問題(体罰、暴力、ドーピング等)の現象学的倫理学:特に人間の欲望に着目して
○体育教師論:特に体育教師の身体とことばの関係
○自然体験活動における時間的体験とその意味
【研究キーワード】
スポーツ(文化)、欲望、暴力、アンチ・ドーピング教育、競技者倫理、身体、体育教師、身体教育、教員養成、体罰、運動部活動、身体文化、野外教育
【研究業績】
1) 坂本拓弥:ドーピング問題の欲望論的考察:わが国のアンチ・ドーピング教育の充実に向けて.体育・スポーツ哲学研究,39(2):121-136,2017.
2) SAKAMOTO Takuya:Desire and Violence in Modern Sport.International Journal of Sport and Health Science,15:81-86,2017.
3) 坂本拓弥:体罰・暴力容認の一つの背景とその変容可能性.体育学研究,60(Report):R3_1-R3_8,2015.
4) 坂本拓弥:高等学校における「必修体育」の存立根拠に関する批判的検討:「文化としてのスポーツ」が抱える矛盾.明星大学教育学部紀要,5:61-71,2015.
5) 坂本拓弥:「体育教師らしさ」を担う身体文化の形成過程:体育教師の身体論序説.体育学研究,58(2):505-521,2013.
【社会貢献実績】
日本体育・スポーツ哲学会:理事、編集委員、編集委員会事務局
日本体育学会:体育哲学専門領域幹事、体罰・暴力根絶特別委員会委員
千葉県キャンプ協会:常務理事
【その他】
"「本当の哲学とは、世界を見ることを学び直すことである」
私の好きな哲学者はこう言っています。私は皆さんと一緒に、体育やスポーツ、そしてそこで生きている一人ひとり人間を、これまでの自分の経験とは違う見方で、新しく見ることができるようになりたいと思っています。それが体育・スポーツ哲学の面白さだと思います。

「なんでそんなに(こんなに)勝ちたいの?」
「よい体育・スポーツ教育って一体何?」
「金メダルってそんなに大事?」等々

このように、今の体育やスポーツ、社会や教育に少しでも疑問を持っている人は、きっと哲学することを必要としていますし、哲学することに向いていると思います。皆さんと真面目に遊びながら、大いに議論(対話)できることを、楽しみにしています。"
 
Copyright © 筑波大学 体育系 All Rights Reserved.  305-8574 つくば市天王台1-1-1 筑波大学    029-853-2111(大代表)