筑波大学 体育専門学群 教員紹介

菊 幸一

所属:筑波大学 体育系 教授
担当:体育専門学群
スポーツ健康システム・マネジメント専攻(MC)
体育科学専攻(DC)
企業科学専攻(DC)
スポーツウエルネス学位プログラム(DC)
学位:教育学博士
専門分野:体育社会学,スポーツ社会学
研究室:筑波地区:体育科学系棟B612/東京地区:文京校舎535
Office hour:水曜日11:30~12:00
E-mailアドレス:kiku.koichi.ga◎u.tsukuba.ac.jp
 ※メール送信の際にはアドレスの◎を@に置き換えて下さい。

KIKU Koichi

菊 幸一
 
【主な研究テーマ】
1) 生涯スポーツに向けた現代体育の課題
2) 体育・スポーツの公共性概念とプロモーションをめぐる政策的課題
3)近・現代スポーツの文化と制度化をめぐる歴史社会学
【研究キーワード】
生涯スポーツ,スポーツ政策,公共性,暴力,スポーツプロモーション,歴史社会学
【研究業績】
1) 菊 幸一: 子どもの遊びとスポーツの違い―ホイジンガの所論を中心に―.体育の科学,59(5):328-332,2009.
2) 菊 幸一: アマチュアリズムとプロフェッショナリズムをめぐる現代的課題.現代スポーツ評論,23:92-100,2010.
3) 菊 幸一:スポーツ基本法の社会学的考察.体育の科学,61(12):931-935,2011.
4) 菊 幸一ほか編著: スポーツ政策論.成文堂,2011.
5) 井上俊・菊 幸一編著: よくわかるスポーツ文化論,ミネルヴァ書房,2012.
6) 菊 幸一: スポーツ文化の視点と生活者の「からだ」.Culture,Energy and Life(CEL),103:23-29,2013.
7)菊 幸一: 競技スポーツにおける Integrity とは何か―八百長、無気力試合とフェアネス―.日本スポーツ法学会年報,20:6-40,2013.
8) 菊 幸一: 体育カリキュラムの現代化と脱政治化の論理.体育科教育学研究,30(2):81-88,2014.
9) 菊 幸一編著: 現代スポーツは嘉納治五郎から何を学ぶのか―オリンピック・体育・柔道の新たなビジョン―.ミネルヴァ書房,2014.
10)菊 幸一: スポーツ庁の設置とこれからの学校体育.保健科教育研究,2:30-48,2017.
【社会貢献実績】
日本体育学会理事(副会長)、同学会体育社会学専門領域代表
日本スポーツ社会学会会長
日本体育・スポーツ政策学会理事
日本体育科教育学会理事
日本体育協会国民体育大会委員会副委員長
日本オリンピック委員会(JOC)アントラージュ専門部会委員など 
 
Copyright © 筑波大学 体育系 All Rights Reserved.  305-8574 つくば市天王台1-1-1 筑波大学    029-853-2111(大代表)