筑波大学 体育専門学群 教員紹介

本田 靖

所属:筑波大学 体育系 教授
担当:体育専門学群
体育学専攻(MC)(兼担)
スポーツ国際開発学共同専攻
ヒューマン・ケア科学専攻(DC)
学位:博士(医学),MPH,DrPH
専門分野:環境保健学,疫学
研究室:総合研究棟D709
Office hour:月曜日16:00~17:00
個人のウェブサイト:http://www.ann.hi-ho.ne.jp/yasushihonda/
E-mailアドレス:honda.yasushi.fn◎u.tsukuba.ac.jp
 ※メール送信の際にはアドレスの◎を@に置き換えて下さい。

HONDA Yasushi

本田 靖
 
【主な研究テーマ】
環境保健学,公衆衛生学
【研究キーワード】
疫学,地球温暖化,気温と死亡の関連,大気汚染
【研究業績】
1) Gasparrini A, Guo Y, Hashizume M, Lavigne E, Zanobetti A, Schwartz J, Tobias A, Tong S, Rocklöv J, Forsberg B, Leone M, De Sario M, Bell ML, Guo YL, Wu CF, Kan H, Yi SM, de Sousa Zanotti Stagliorio Coelho M, Saldiva PH, Honda Y, Kim H, Armstrong B. Mortality risk attributable to high and low ambient temperature: A multi-country study. The Lancet 2015 Jul 25;386(9991):369-75.
2) Honda Y, Kondo M, McGregor G, Kim H, Guo YL, Hales S, Kovats S. Chapter 2 Heat-related mortality. In: Kovats S, Hales S and Lloyd S eds. Quantitative risk assessment of the effects of climate change on selected causes of death, 2030s and 2050s. World Health Organization, pp.17-25, 2014.
3) 本田 靖.第7章.健康への影響.In 江守 正多と気候シナリオ「実感」プロジェクト影響未来像班.地球温暖化はどれくらい「怖い」か? ~温暖化リスクの全体像を探る.東京,技術評論社,pp221-248, 2012.
【社会貢献実績】
国際的には気候変動に関する政府間パネル第二作業部会のlead authorとして第11章健康の執筆に携わったほか,WHOのプロジェクトの一環で,モンゴル,パプア・ニューギニア,パラオ,ミクロネシア連邦などで気候変動による健康影響を防ぐための適応策を各国が策定するための教育,援助を行ってきました.
国内では環境省関連の検討会で,地球温暖化,大気汚染に関する検討会委員などを務めています.
【その他】
本気で疫学的方法論を用いた研究をしたい人,気候変動の健康影響に興味のある人は,一緒に研究しましょう.
 
Copyright © 筑波大学 体育系 All Rights Reserved.  305-8574 つくば市天王台1-1-1 筑波大学    029-853-2111(大代表)