専攻長挨拶

 現代社会においては、健康管理・増進におけるスポーツの役割、またスポーツ傷害の予防・治療・リハビリテーションの重要性が提言されており、それらに適確に対応するためには学問的背景とともに十分な学識を有する優秀な人材が必要とされています。これは2015年のスポーツ庁設立や2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催など、我が国のスポーツを支える仕組みが大きく変わりつつある今日では特に重要なものとなっています。

 筑波大学は、体育科学、医学および障害科学における大学院博士課程の教育組織を併設する我が国唯一の総合大学であり、本専攻は他に類をみない専攻として2001年に設置されました。スポーツ医学およびスポーツ科学に関する諸科学を基盤として、スポーツ選手の健康管理やコンディショニング、スポーツ傷害の予防・治療・リハビリテーション、さらに生活習慣病等の予防と運動療法に関し、自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力およびその基盤となる豊かな学識を養います。さらに、関連した職域において将来必要とされる高度な資格の取得、および職域における指導者として不可欠な能力を開発することにより、 高度専門職業人の養成も担います。高度専門職業人養成の一環として、経験を積んだ社会人を弾力的に受け入れ、また留学生も積極的に受け入れ、国際的に活躍できる人材の養成を目指しています。

 本専攻の学生諸君が研究活動等を礎として、将来の大きな夢に向かって邁進できるよう、教育と研究の環境の更なる充実を図ります。

2016年4月1日  

スポーツ医学専攻長 徳山薫平 







English

オープンキャンパス情報

〒305-8574
 茨城県つくば市天王台1-1-1
  筑波大学大学院
  人間総合科学研究科
  スポーツ医学専攻